にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Vici Gaming,Newbee

like player:EternaLEnVy,Aui_2000,fy,Hao


Team Exceptionsのdota2部門Captain

team role:Safe lane core


僕はゲームが苦手だ

Dota2勢特有の自分語り その2

今日はゲームジャンルのお話し(?)

みなさんは得意なゲームのジャンルは何ですか?

1対1で戦いあう格闘ゲームや、マリオのようなアクションゲーム?

それとも鍵盤を叩いてリズムを刻んだりする音楽ゲーム

はたまたテトリスぷよぷよのようなパズルゲーム

 

色々なゲームジャンルはあるとは思いますが、僕が得意とするゲームジャンル

それはアドベンチャーゲームです(?)

しかもノベルゲームのような選択肢を選んでいくゲーム

まあアドベンチャーゲーム自体誰でもできるし、得手不得手などありませんよね

 

閑話休題

 

冗談はさておき、僕が得意とするゲームジャンルはありません

強いてあげるならシミュレーションゲームやギャンブルゲーム

シミュレーションはCivilizationGジェネレーションウォーズ(僕がガンダムファンなので、スパロボじゃなくてこっち)、シムシティなどが好きで、ギャンブルゲームは麻雀やブラックジャック、テキサス・ホールデルなどが好きです

この2つのゲームジャンルに共通していることは、基本的には最善手を効率化すること

シミュレーションなら効率的にユニット増やしたり、陣地広げたりするし、ギャンブルゲームならカウンティング使ったり、役への最適解を見つけてそれに向かう

シミュレーションゲームやギャンブルゲームは人並みにできますが、それ以外のゲームは基本的には壊滅的にダメです

シューティングゲームは、球をよけることとボムを使う判断が遅い

パズルゲームは、先を全然見通せないうえに、操作しながら考えることができない

レースゲームは、まともに車を走らせられずにコースアウトの連発

音楽ゲームは、リズム感がないので一定のビートを刻むことすらできない

そして最も酷いのはアクションゲーム

格闘ゲームは、アーケードコントローラーが使えずに(僕は格闘ゲーム東方projectの「東方緋想天」から始めたのでキーボード、もしくはパッドでした)、そして圧倒的なハンドスキルのなさで初心者同然

マリオのような2Dアクションは、キャラの操作が上手くできずに穴に落ちたり、敵に当たったりして自機を減らしていく

最近のバイオハザードのような3Dアクションは、状況につい行けなくて操作が追い付かなかったり、武器の変更が瞬時にできない、エイムが全然合わないなど問題点が山盛りです

 

ここまで書いて気付く人ならあることに気付くかもしれません

(゚д゚)彡そう

僕が苦手意識を持つ大半のことは経験で何とかできるものということです

ただ僕自身あまりゲームをやるという習慣が幼少のころからなかったので(僕は元来読書派の人間ですし、今でもそうです)ゲームそのものをあまり持っていないのです

 

さてここまで書いて何が言いたいのかというと、僕はゲームに対しての経験値が圧倒的に少なく一般的なゲームやっている人と比べて適応力、反射神経、状況判断などの能力がかなり低いです

そのため人並みになるためには、某漫画の登場人物が言う「きさまこのゲームやりこんでいるなッ!」並みにやらないとまともにゲームができません

 

まじめな文体で書くの疲れてきたのと長くなってきたので、ここらへんでぶっちゃけると、今僕はDota2面白いと思ってやっているし、まじめに練習しています

ただ周りから見て、「うわー、ガチ勢だ。引くわー」と思われるくらいやらないと僕は人並みになれない

なのでほかのゲームを練習するには時間が足りない

またDotaの話になると、僕はタワーディフェンスの方に重点が向いてしまい、Killを取るのはすごく苦手

スローハンドなのでPuckやInvoker、Tinkerなどのキーボードガチャガチャ動かす奴は全然できない(やるためにはもっと練習する必要がある)

Creepアグロまともにできないし、レーン戦でのLH取得率は10分で良くて7割

問題点しかないけれど、これらは時間かけて練習して経験積めば改善できる

長々と書いて言いたかったのはそれだけ

今後も頑張ります

 

ほなまた