にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Vici Gaming,Newbee

like player:EternaLEnVy,Aui_2000,fy,Hao


Team Exceptionsのdota2部門Captain

team role:Safe lane core


にわプロ The Internationalチーム紹介 Team Liquid編

第n回と付けなくなったのは自分で回数を管理できなくなりそうだから

 

今回はTeam Liquid

前回紹介したOGと同じ時期から活躍し始めたチーム(もともとあったが、ある時期で解散していた)

 

Team Liquid

詳しい内容は

Team Liquid - Liquipedia Dota 2 Wiki

参照

 

概要

チーム自体は2012年ころからあり結構古いチーム

しかし2014年にいい結果を残すことができず、TI4で「LGD Gaming」に敗れて9-10位になった後、2014年10月に最後のメンバーが抜けたことにより解散になった

ヨーロッパのチームではあるが、激戦区なのでアメリカの方で活躍していた

 

その一年後であるTI5終了後

「Team Secret」を抜けたKrokyと「Cloud9」を抜けたFata-、「MVP HOT6xi」を抜けたJerAx

そしてフィンランドのMATUMBAMANとブルガリアのMinD_ContRoL

この5人で結成したのが「5Jungz」というチーム

その後2015年10月に吸収される形で「Team Liquid」となった

 

そして新体制となって初の大会であるFrabkfurt Majorの予選では「Alliance」に負けて予選敗退

しかしDota2 Champion LeagueやDefenseなどの大会で優勝を果たす

年が明けてShanghai Majorの予選で優勝し、初のMajorに出場

初出場ながらグランドファイナルまで進出し、「Team Secret」に敗戦するものの準優勝を達成

そしてEPICENTERで「Newbee」を下し、Premier大会初の優勝を果たす

Manila Majorでもアッパーラウンド1回戦で敗退してロウアーブラケットに落ちるものの、グランドファイナルに進出

そのグランドファイナルで「OG」に敗れて再び準優勝

ESL One Manila、Frankfurtでも準優勝とそこそこの結果を残している

 

それらの成績が認められ、TI4以来二年ぶりに今回のTI6に招待されることになった

 

チームの特徴としては、「よくわからないけれど強い」

「OG」は9k mmrプレイヤーMiracle-がいる

「Team Secret」はArteezy、EternaLEnVyといった強いcoreプレイヤーがいる

「Natus Vincere」には史上最強MidのDendiがいる

「Newbee」には中国最強CarryことHaoと中国人じゃないけれど中国最強SupportのChuaNがいる

他のチームにも強いcoreプレイヤーがいたり優秀なSupportがいる

 

確かにMATUMBAMANもmmrが8k後半あるし、KuroKyという最強のSupportがいる

しかしおそらくほとんどの人に「最強チームはどこ」という質問を投げた時にこのチームが返ってくることはないと思う

それでもこのチームは強い

僕が思うにこのチームの強さは「安定感」だと思う

 

「OG」は前回説明した通りN0tailがこけると厳しい展開になる

「Team Secret」もArteezy、EternaLEnVy両者とも「こけなければ」強いという条件が付くし、実際こけやすい

「Natus Vincere」もDendiがどれだけ頑張ろうとも他が力及ばなければ勝つことができない

他のチームも同じようにcoreがこけることで苦しくなることが多い

「Team Liquid」もその心配がないわけではないが、全員が安定した動きをすることができる

特にリーダーであるKuroKy

おそらく彼の采配がチームの肝心要になっているのでしょう

 

Shanghai、Manila共に準優勝であった「Team Liquid」

今回は悲願の優勝を果たすことができるのか

 

メンバー

※使用Heroは僕の独断と偏見で最近よく使っていたり、得意そうなHeroです

選手名ポジション出身地使用Hero
MATUMBAMAN Carry

フィンランド

Ursa/Lone Druid/Lycan

FATA- Mid

ドイツ

Dragon Knight/Invoker/Deat Prophett

MinD_ContRoL Solo Off

ブルガリア

Dark Seer/Nature's Prophet/Beastmaster

JerAx Support/Hard Support

デンマーク

Tusk/Winter Wyvern/Earth Spirit

KuroKy Support/Hard Support

ドイツ/イラン

Rubick/Lion/Visage

 

MATUMBAMAN

どこから現れたのかよくわからないプレイヤー

MMRとか結構高いし、僕が知らなかっただけでpub starだったのかも

おそらくJerAxと同じ出身国なのでそのよしみでチームに所属したのかと思われる

 

マクロが上手いイメージ

特にLone DruidとかLycanが上手い

複数のユニットを細かく操作したり、集団戦での落ち着いた動きは一級品

また安定してFarmができる人 

 

TI初出場

複数ユニットを使うときの落ち着いたマクロ操作に注目

 

FATA-

元「Cloud9」のMidプレイヤー

守備的なプレイヤー

積極的に攻めはしないが安定している

アクションプレイが上手いわけではないが、どのHeroでも安定して使いこなせる

 

TIには昨年「Cloud9」として参戦

地元勢ながらメインイベントで1勝もできなかった雪辱を晴らせるか

 

安定した序盤のレーニングと集団戦でのDPSに期待

 

MinD_ContRoL

どこから現れたのかよくわからないプレイヤーその2

世界でもトップクラスのSolo Offプレイヤー

Dark SeerのBulink vacuumやBeastmasterのPrimal Roarのイニシエートで試合が大きく動くことが結構ある

Offプレイヤーとしては珍しい序盤から強気に前に出るスタイル

プレッシャーを与えることでCarryとkill交換をすることも

 

TI初出場

序盤厳しいレーンをどうしのぎ切るのか

集団戦でのイニシエートに期待

 

JerAx

元「MVP HOT6xi」のSupportプレイヤー

なぜフィンランド人なのに韓国のチームにいたのかは謎

役割としてはSupportだが、HeroによってKuroKyとポジションを入れ替えることもしばしば

主にroamに回ることが多いが、積極的に動いていくタイプ

 

TIは去年「MVP HOT6xi」として出場するも最下位で終わってしまう

序盤のroamでkillが発生するかに注目

 

KuroKy

「Team Liquid」の司令塔

いわゆるブレイン

最初は理解できないpickであっても結果を見ると見事にはまっている

的確なpickbanで相手にプレッシャーを与えてチームを有利に導くのは前回紹介した「OG」のFlyと同じ

smoke gankや序盤のroamの指示などでセンスが光る

Flyと同じく世界で数少ないLionを使うことができるSupportの一人

JerAxと比べると守備的なSupportである

 

世界最高のpickban

smoke gankやroamなどの指示のタイミング

 

まとめ

前回紹介した「OG」と比べると影の薄い「Team Liquid」

KuroKyが看板であるような感じではあるが、ほかの選手も一流が揃っている

安定感のある非常に強いチームである

 

次回は最後のヨーロッパからの招待チームである「Natus Vincere」の紹介

史上最高のMidプレイヤーであるDendiたちは復活を果たすことができるのか

 

ほなまた