にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Vici Gaming,Newbee

like player:EternaLEnVy,Aui_2000,fy,Hao


Team Exceptionsのdota2部門Captain

team role:Safe lane core


にわプロ+にわかのひとり言 僕の思うMiracle-というプレイヤーについて

おそらくDota2をやっている9割の人間が知っていると思われるプレイヤーであるMiracle-

人類史上初の9kMMRを達成した人物

その彼をにわかの僕がどう思っているか

その記事

おそらく説明することはないだろうけれど、適当な概要

ヨルダン出身のプレイヤー(同国出身には「Escape Gaming」のYapzOrがいる)

Pub Starとして様々な動画などで注目されていたプレイヤー

人類史上初の9kMMRプレイヤーとしても有名になった

TI6まではヨーロッパの「OG」に所属し、様々な国際大会に出場し活躍した

TI6以降は「Team Liquid」に移籍して活動するようだ

 

叩かれるのを承知で正直な感想を述べると、僕はMiracle-というプレイヤーが凄く強いとは思えない(あくまでほかのプロプレイヤーと比べたとした場合の話)

様々なMidプレイヤーと比較すると、同じ9kMMRでもArteezyのほうがゲームでのインパクトは大きいと思うし、s4のほうが便利なプレイヤーだと思うし、Dota2のプロシーンで長く活躍してきたDendiのほうがアクションプレーはうまいと思う

じゃあ何がMiracle-を強者たらしめているのか

僕は彼の安定性が強者たらしめているのではと思う

 

僕もプロのPubの試合や、大会のリプレイを見るが、Miracle-のプレーはとにかく安定している

Pubでは、様々なHeroを使えるため、Metaや構成に合わせたPickができる

レーニングではシビアにレーンコントロールを行いしっかりLHを取るし、対面が甘えたときには積極的にKillを狙いレーン有利を作る

レーニングがこけたとしても、別なところで有利を作り挽回する

味方を見捨てるところ、自身がFarmをしなければいけないところ、集団戦のためにあつまるところなどの状況判断の早さ

集団戦では立ち位置をしっかり選択して仕事をする

当たり前のことだが、Solo Rankは味方も敵も選ぶことができない

滅茶苦茶なプレーをする味方を引くこともあれば、Midに集中的にGankを仕掛けてくる相手を引く時もある

Solo Rankは味方ガチャと揶揄されているけれど、その状況でコンスタントにレートを上げられる

そのためには安定してプレーできるスキルが必要になってくるのではないだろうか

そして大会ではそのノウハウが活かされている

どんなに味方がこけたりしても自身がSpece Createを行い味方のFarm Speceを作る

そうして得た資金、経験値のアドバンテージでチームを勝利に導く

Miracle-の強さとは安定した行動の積み重ねなのではないか

僕はそう考えます

 

ほなまた