にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Vici Gaming,Newbee

like player:EternaLEnVy,Aui_2000,fy,Hao


Team Exceptionsのdota2部門Captain

team role:Safe lane core


にわプロ The International出場チーム紹介 Wings Gaming編

今回はDotaの本場であった中国のチームである「Wings Gaming」

僕がTI前に過小評価し過ぎていたチームの一つ

Wings Gaming

詳しい内容は

Wings Gaming - Liquipedia Dota 2 Wiki

参照

 

概要

2014年に結成された中国のチーム

現「IG Vitality」のsuperが所属していた

 

2015年初めのDota2 Asia Championshipsのワイルドカードに出場するものの本選出場はならず

他の大会でも目立った活躍を見せれずに、8月末にメンバーを総入れ替えした

そして2015年末にあったWorl Cyber Arena 2015で4位入賞を果たしている

 

転機が訪れたのは2016年の4月

中国予選を勝ち抜いて出場したESL One Manilaで「Team Liquid」を破り優勝を果たす

その結果が評価されてかManila Majorにいきなり招待チームとして参加

結果は最下位で終わってしまう

その後目立った大会出場は無かったものの、TIの中国予選で優勝を果たして本選出場の切符を手に入れる

またTI前のThe Summit5で「OG」を2度破って優勝を果たしている

 

チームの印象ははっきり言ってよくわからない

ここまで勝ち残るチームだと思っていなかっただけに、リプレイほとんど見ていないし、大きな大会での活躍もESL One Manila位しかなかった

強いて挙げるならば序盤から積極的に攻めていくアクティブなチーム

中国勢としては珍しいイメージ(中国勢の中でも超攻撃的なチームもありますし、あくまで個人的なイメージ)

 

チームもGrand Finalに進出し今最も勢いのあるチーム

中国勢の復活の狼煙はもう上がりきった

あとはシアトルに大きな花火を打ち上げるだけだ

 

メンバー

※使用Heroは僕の独断と偏見で最近よく使っていたり、得意そうなHeroです

選手名ポジション出身地使用Hero
shadow Carry

中国

Ember Spirit/Drow Ranger/Slark

bLink Mid

中国

Invoker/Shadow Fiend/Queen of Pain

Faith_bian Solo Off

中国

Beastmaster/Batrider/Clockwerk
Innocence Support

中国

Rubick/Dazzle/Io
iceice Support

中国

Rubick/Dazzle/Witch Doctor

 

shadow

2015年8月に移籍

 

序盤から積極的に攻めていく攻撃的プレイヤー

pick poolも広くメタに合わせていくことができ、相手のbanを悩ませる存在

Deathも少なく長い時間チームに貢献ができる優秀なCarryだと僕は思っている

 

TIには初出場

 

bLink

2015年8月にFaith_bian、Innocenceと共に「Speed Gaming」から移籍したプレイヤー

通称、跳刀跳刀

 

Shadow FiendやQueen of Painが印象的なプレイヤー

今のメタはしっかりと押さえており、今の中国では有数のInvokerプレイヤー

器用に様々なHeroをこなすことができ、レーニングと集団戦どちらも好きのないプレイヤー

 

TIには初出場

 

Faith_bian

2015年8月にbLink、Innocenceと共に移籍

 

バランスの取れているOffプレイヤー

BeastmasterやBatrider、Clockwerk、TidehunterなどのイニシエートタイプのHeroを得意とする

またOffでPuckを使う稀なプレイヤー

早めにMidやSafe laneに寄ってGankを仕掛けるなど結構移動するアクティブなプレーをする

 

TIには初出場

 

Innocence

2015年8月にbLink、Faith_bianと共に移籍

通称、y

 

Rubick使いであり、Io使いでもあるプレイヤー

HeroによってRoamとレーンサポートをこなすSupport

攻撃的なSupportで積極的に前に出て相手プレイヤーをハラスする

 

TIには初出場

 

iceice

2015年8月に「Big God」から移籍したプレイヤー

シンガポールのプレイヤーである「EHOME」のiceiceiceとは別人

 

Rubick使いであるもう一人のSupport

この人もHeroによって役割は変わる

ある時は攻撃的に動き、またあるときは守備的に動くことのできるバランスのとれたプレイヤー

 

TIには初出場

 

まとめ

中国の新興勢力である「Wings Gaming」

僕はTI始まる前はノーマークだったし、よくて9-12位だと考えていた

しかし結果は僕の予想を裏切りGrand Final進出

中国の夜明けとなるのか

 

次は最後のチームであり、僕が過小評価し過ぎていたアメリカの強豪「Evil Geniuses」の紹介

 

ほなまた