にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Vici Gaming,Newbee

like player:EternaLEnVy,Aui_2000,fy,Hao


Team Exceptionsのdota2部門Captain

team role:Safe lane core


にわプロ The International出場チーム紹介 Fnatic編

今回は東南アジアの強豪である「Fnatic」編

ちょっと複雑な経緯があって結成されたチーム

Fnatic

詳しい内容は

Fnatic - Liquipedia Dota 2 Wiki

参照

 

概要

2015年に結成されたマレーシアのチーム

しかし組織の経営自体はイギリスにある

なぜかというと、もともと「Fnatic」はロシア、北アメリカ、ヨーロッパの順にチームを持っており、今はマレーシアにチームを置いているから

結局強いところばかりでどうにもならなかったから東南アジアに逃げてきたという感じ

「Fnatic.EU」だったころには「OG」のN0tailとFlyや「Escape Gaming」のEraが所属していた

そして2014年に事実上の解散を行った

 

2015年6月

活動の場所をマレーシアに移して新しいチームを編成した

かつて中国の「EHOME」がマレーシア人で構成をし、2015年3月に「EHOME」から放出されていた「Team Malaysia」をそのまま取り込み新チームとした

結成3か月後のTI2015に招待チームとして参加するが、残念なことにLower Bracket1回戦敗退で最下位

Frankfult Majorにも招待されて出場するものの結果最下位

2015年は特に大きな大会での優勝はなく終えてしまった

そして

 

2016年

Shanghai Majorの予選を勝ち抜き本選に出場

結果は5-6位というあと一歩で入賞を逃す

Manila Majorでも5-6位と再び入賞を逃す

ESL One Manilaでは3-4位と入賞

しかしTI2016の招待の連絡は来ず、東南アジア予選に参加

プレーオフで優勝しグループリーグ進出を果たした

 

チームの印象は割と普通のDotaをやっている感じ

特別なことはやっていない

それぞれのプレイヤーパワーで勝つ

そんなイメージ

 

前年のTI最下位という結果を超えることにはもう成功した

あとはかつて同じマレーシアのチームである「Orange Esports」が記録したTI3位という結果を超えることはできるのか

 

メンバー

※使用Heroは僕の独断と偏見で最近よく使っていたり、得意そうなHeroです

選手名ポジション出身地使用Hero
Mushi Carry/Mid

マレーシア

Lifestealer/Juggernaut/TerrorBlade

MidOne Mid/Carry

マレーシア

Invoker/Ember Spirit/Puck

Ohaiyo Solo Off

マレーシア

Nature's Prophet/Batrider/Dark Seer
DJ Support

フィリピン

Enchantress/Chen/Io
343 Support

マレーシア

Vengeful Spirit/Lion/With Doctor

 

Mushi

チーム結成当時からいるプレイヤーでありキャプテン

優秀なPickerでもある

TI3位入賞をはたした「Orange Esports」やかつて中国ドリームチームである「Team DK」、「EHOME」に所属していた

 

色々なポジションができる便利で優秀なプレイヤー

今はCarryをやっているが、一番経歴が長いのはMid

少しCarryはあっていないような感じもするが、そこは長年の経験でカバー

東南アジア最強であるMidOneとともにチームをCarryすることはできるのか

 

TIには5回目の出場

 

MidOne

2015年12月に加入したプロとしては若いプレイヤー

確か東南アジアのpub starだったはず

プレイヤーネームはMiduanであるが、今回はMidOneで参加

 

上記に挙げたHero以外にもTemplar Assassin、Phantom Lancerなどが得意

攻撃的なMidプレイヤー

積極的に相手のMidとダメージ交換をしてレーン有利を作り出す

でもたまに前に出すぎてカウンターGankを決められることも

集団戦では正確なマクロで敵のSupportを溶かしたり、Coreに仕事をさせなかったりもする

 

TIには初出場

もしかしたらTIのpub star上がりで注目される存在になるかも

 

Ohaiyo

結成時から所属しているプレイヤー

Mushiと長くチームを組んでいる

 

攻撃的なOffプレイヤー

HeroはRat、イニシエートの両タイプともバランスよく使える

序盤に前に出すぎて相手のCoreをKillすることもあれば、逆もまた然り

イニシエートでしっかり相手の陣形を乱したり、Blink inによるGankを決めたりもする

割とレベルの高いプレイヤーである

 

TIには4回目の出場

 

DJ

2015年8月から加入したメンバー

 

攻撃的なSupportプレイヤー

割といろいろなHeroを使うことができるが基本的にはRoamしているイメージ

Io使いではあるが、ほかのIo使いに比べるとレベルは落ちるきらいはある

Ohaiyoと一緒に序盤にGankを仕掛けたり、相手のCoreをつぶしたりと序盤から大忙しな人

また相手のジャングルに入ってFarmしたりなど大胆な一面も見せる

 

TIには初出場

 

343

2016年3月に加入したチーム歴が最も短いプレイヤー

 

一応は守備的なsupport

Bounty HunterをやるときはRoamしたりしている

序盤からDjと一緒に相手のMidにちょっかい出したり、相手のCarryをつぶしたりするお邪魔キャラ

いざというときは守備的に味方を守りチームに貢献する

 

TIには初出場

 

まとめ

東南アジアの強豪である「Alliance」

もう一つの参加チームである「TNC Gaming」が「OG」を倒すという大番狂わせをしただけに、「TNC Gaming」以上を目指したいところ

 

次はお待たせしました

アメリカの強豪である「Digital Chaos」の紹介

 

ほなまた