にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Vici Gaming,Newbee

like player:EternaLEnVy,Aui_2000,fy,Hao


Team Exceptionsのdota2部門Captain

team role:Safe lane core


にわプロ The International出場チーム紹介 Vici Gaming Reborn編

色々と間に合わなくなりつつある、にわプロTI編

今回からは敗退しそうなチームから順に紹介していきます

今回はもう脱落してしまった「Vici Gaming Reborn」編

Vici Gaming Reborn

詳しい内容は

Vici Gaming Reborn - Liquipedia Dota 2 Wiki

参照

 

概要

2016年3月

中国の強豪である「Vici Gaming」はある課題にぶち当たっていた

中国地元開催であるShanghai Major

そこで「Vici Gaming」は最下位という結果に終わってしまった

チームを再編したわけだが、それだけではチームの復帰には繋がらないと考えた

そこで結成されたチーム

それが「Vici Gaming Reborn」である

「Vici Gaming」でキャプテンを務めていたFyをRebornのキャプテンに引き入れ、ほかのメンバーを中国チームから引き入れた

 

その後中国国内の大会で何度も優勝を果たし、結成3か月後に行われたManila Majorに本家を差し置いて招待される

結果は7-8位だったが初めてのValve大会でそこそこの結果を残すことができた

 

そしてTI中国予選

本選出場をかけたプレーオフで本家を破り、決勝で「EHOME」を破ってTIグループステージ進出を決めた

 

チームのイメージは、「新しい中国チーム」という感じ

中国らしいグループアップをとっている 

キャプテンFyの今まで培ってきた戦術にプロとしては若いメンバーが付き添っている感じ

 

TIには初出場

残念なことに最下位が決定してしまったが、名のとおり「Vici Gaming」を再誕させることができるのだろうか

 

メンバー

※使用Heroは僕の独断と偏見で最近よく使っていたり、得意そうなHeroです

※本来のOffはYangだが、ビザが取れなかったので代わりにサブのMikasaが入っている

選手名ポジション出身地使用Hero
Zyf Carry

中国

Gyrocopter/Juggernaut/Slark

Nono Mid

中国

queen of Pain/Invoker/Shadow Fiend

Mikasa Solo Off

中国

Shadow Fiend/Storm Spirit/Batrider
Fy Support

中国

Rubick/Io/Elder Titan
DDC Support

マカオ

Visage/Rubick/Vengeful Spirit

 

Zyf

「Vici Gaming」の下部である「Vici Gaming Potential」に所属していたプレイヤー

「EHOME」でプレーし、TIに出場した経験も持つ

たまにプライヤー名がENDになることも

 

Deathが少なく高いCarry性能を持っているプレイヤー

Farmも上手で活躍できていないのが謎な人

この人が活躍できているのに勝てない 状況を作らないことがチームの勝利条件になると思う

 

TIには2回目の出場

 

Nono

「CDEC」の下部である「CDEC Avenger」に所属していたプレイヤー

プロとしては若い人

 

様々なHeroを使うことができ、不得手がない守備的なプレイヤー

ほかのチームのMidプレイヤーと比べると劣りはするが、十分に活躍できるスペックは持ている

序盤のレーニングでは押し込まれるシーンがよく見られるが、そこはSupport陣がしっかりカバーしてくれるだろう

 

TIには初出場

 

Mikasa

「vici Gaming Reborn」のサブ兼コーチ

 ビザが取れなかったYangの代わりに出場

 

本来はMidプレイヤーであり長く大会から離れていた人

Offとしての実力は未知数だが、コーチとMidでの経験を生かして相手を破壊するイニシエートができるかどうか

 

TIには初出場

 

Fy

「Vici Gaming」結成時から所属していたキャプテンVG

「Vici Gaming Reborn」結成に伴い移籍した 

僕は、世界一のRubickプレイヤーを問われたらこの人を答える

TI5の時に見せたサポートは本当にすごかった

 

攻撃的なSupportプレイヤー

序盤から相手のCore Heroをつぶしに来る

また中盤以降は的確な動きと攻撃的サポートでcore以上の活躍を見せることができる

 

TIには3回目の出場

 

DDC

「LGD Gaming」から移籍

「EHOME」にも所属していた

 

守備的なSupport

Visageという複数ユニットを使う特殊なHeroを得意とするプレイヤー

守備的ではあるが、序盤は結構Roamして回ることが多い

 

TIには全大会出場

 

まとめ

中国の強豪である「Vici Gaming」の再誕の希望を乗せた「Vici Gaming Reborn」

すでに敗退はしているが今後の中国勢を引っ張っていくことに期待したい

 

次はフィリピンの「TnC Gaming」かアメリカの「Digital Chaos」の紹介

 

ほなまた