読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Evil Geniuses,Vici Gaming

like player:fy,Hao,EternaLEnVy,Aui_2000


Team Exceptionsのdota2部門主宰でありCEOでありCaptain

team role:Safe lane core


にわプロ The International出場チーム紹介 MVP Phoenix編

今回は最後の招待チームであるMVP Phoenix

アジア(中国除く)期待の星

MVP Phoenix

詳しい内容は

MVP Phoenix - Liquipedia Dota 2 Wiki

参照

 

概要

2013年11月に結成された韓国のチーム

アジアDotaでは頭一つ抜けているチーム

 

2014年は特に特に大きな大会での成績はなし

2015年のDota 2 Asia Championshipsに出場するもののグループステージ敗退で13-16位

TI2015の予選で傘下のHOT6xiに敗れてワイルドカード枠で参戦

ワイルドカード枠ながらグループステージに進出し、メインイベントで7-8位となる 

 

年が変わって2016年

Shanghai Majorで活躍したのは地元中国ではなくまさかのMVP

グループリーグで「Team Secret」を下してまさかの首位通過

そして強豪に勝てなかったとはいえ、4位入賞をはたす

 

その後Dota pit League、WePlay Dota 2 Leagueで優勝

Manila Majorでは5-6位という結果を残す

 

これらの結果が評価されて今回TI2016に招待(おそらくSouth East Asia枠)

 

今のチームの印象は、チーム全体でKillを取り、Pushをし、集団戦を行い勝利する感じ

その時に最近は特にForevがなかなかいい仕事をする

集団戦で役割以上のことをやってのける

ただCoreの一人であるMPがほかの二人と比べて劣る気がする

ただここ最近の活躍から見て、いいところまで行けるのではないかと僕は期待している

そのためにはMPがチームに貢献する必要があるのではと思う

 

TIには2回目の出場

アジア期待の星は7-8位という去年の記録を超えることはできるのか

 

メンバー

※使用Heroは僕の独断と偏見で最近よく使っていたり、得意そうなHeroです

選手名ポジション出身地使用Hero
MP Carry/Mid

韓国

Invoker/Juggernaut/Ember Spirit

QO Mid/Carry

韓国

Templar Assassin/Slark/Death Prophet

Forev Solo Off

韓国

Tidehunter/Dark Seer/Axe

Febby Support

韓国

Io/Bounty Hunter/Tusk
DuBu Hard Support

韓国

Witch Doctor/Earth Spirit/Disruptor

 

MP

TI2015終了後に傘下の「MVP HOT6xi」から移籍

 

トップメタのHeroを使うことはあるが、得意なHeroを使う傾向がある

Invokerの時だけMidに行く

それ以外の時は基本的にCarry

「MVP HOT6xi」の時にMidだったこともあり、Midの方が動きがいい時がある

基本的にDeathが少なく長い時間チームに貢献することができる

Midの時は序盤でも積極的にほかのレーンに行ってKillを狙うことも

Carryの時もレーンで積極的に甘えた敵を殺しに行く

 

TIには2回目の出場

積極的な攻撃スタイルに注目

 

QO

2014年から「MVP Phoenix」にいるこのチーム最古参のメンバー

 

Invoker以外の時はMid

Carry Slardarとかやっていた

この人がどれだけ頑張れるかでこのチームの勝敗が分かれる

MP、Forevと比べて劣るし、チームメンバーとの連携がうまくいくことが少ない

Carryの時もMidの時も前に出すぎて敵のフォーカスを一気に受けることが多い

ただこの人がいないと「MVP Phoenix」は成り立たない

いざというときにはしっかりと決めてチームを勝利に導くことができる力は持っている

 

TIには2回目の出場

敵のフォーカスを受けないこととチームとの連携が勝利へのカギとなる

 

Forev

2015年12月に傘下の「MVP HOT6xi」から参加

 

CarryのQO以上に活躍していることが多い

イニシエートはいいのだが、あとは見方がついてこられるのか

割と序盤から積極的に前に出る人

視界が取れていないせいでKillを取られることが

ただ先述したように中盤以降はしっかり仕事をしてくれる

 

TIには2回目の出場

彼のイニシエートはチームを勝利に導くことができるのか

 

Febby

2015年2月から参加

かつては「kaipi」にもいたことがあるらしい

 

MVPのRoam担当

序盤から相方のSupportとGankしてKillを狙っていくスタイル

この人も結構なIo使い

MPと一緒に飛んでくると相手チームに訪れるのは絶望

 

TIには2回目の出場

チームを有利に導くGankができるかどうか

 

DeBu

基本的にMVP傘下にいる人

2014年2月から「MVP Phoenix」に参加

その後「MVP HOT6xi」に移籍するが、2015年12月に「MVP Phoenix」に復帰

 

守備的なSupport

献身的なSupportで味方Coreを守る

Stunのタイミングや置く場所はしっかりと味方に合わせており、的確である

集団戦では立ち位置を間違えることなく最後まで仕事をするイメージがある

 

TIには初出場

一番の大舞台で味方を守り抜くことができるかに注目

 

まとめ

アジア期待の星である「MVP Phoenix

個人的には今一番来ているチームだと思うのでもしかしたら入賞もあり得るのでは、と思っています

 

次回からはTIまでの時間がないのでWild Card枠の紹介

次回はアメリカ予選のWC枠である「compLexcity Gaming」

 

ほなまた