読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわか勢のDota2

dota2に関する適当なことしか書かないブログ

profile

name:NULLPE

playing game:dota2(3年くらい),FF14(事実上の引退),lol(引退),civ5(不死者までクリア)

like hero:spectre,silencer,phoenix

good at hero:spectre,Naga Siren,Terrorblade

solo mmr:3k

like team:Team NP,Evil Geniuses,Vici Gaming

like player:fy,Hao,EternaLEnVy,Aui_2000


Team Exceptionsのdota2部門主宰でありCEOでありCaptain

team role:Safe lane core


第3回 にわプロ The International 2016 出場チーム紹介 OG編

第3回の更新です

今回からは今年のThe Internationalの出場チームの紹介

 

今回は今大人気なOG

 

OG

詳しい内容は

OG - Liquipedia Dota 2 Wiki

参照

 

概要

2015年8月

当時TI5で結果を残せすに解散したCloud9の「BigDaddy」

compLexity Gamingから脱退した「MoonMender」、「Fly」

そしてpub starであった当時8k mmrの「Miracle-」

あとどこからやってきたのかはわからないけれど、「Cr1t-」

この5人で作ったチーム

それがOGの前身である(monkey)Businessである

 

その2か月後

初めて開催されるFrankfurt Majorの予選に参戦

すると並みいる強豪を押しのけてメインイベントへの出場権を獲得

そしてスポンサーがついたことにより名前を変更

それが今のOGである

 

そしてFrankfurt MajorでTeam Secretを破り優勝してしまう

瞬く間にDota2のプロシーンのトップに躍り出たOG

しかし2016年に入ってから調子を落とすことになる

 

Shanghai Majorでまさかのfnaticに敗れて7-8位になった後、Dota pitでMVP Phoenixに敗れ5-8位、EPICENTERでNewbeeに敗れて3位と優勝から遠ざかることに

 

そして迎えたManila Major

決勝まで進むものの、相手はEPICENTERで1勝もできなかったTeam Liquid

しかし初戦は取られたものの、今までの優勝できなかったうっぷんを晴らすかのように怒涛の3連勝でManila Majorを制し、2度目のMajor王者になる

一週間後の大会であるESL One FrankfurtではNatus Vincereにストレートで勝ち優勝

この大会の最後でMiracle-がsupportをやるというポジションスワップをする舐めプをすることに

そのときtwitchで見ていましたが、会場もざわついていましたね

OG側は苦戦したものの15万ドルの優勝賞金がかかっている国際大会で試験を行うというのはすごいこと

 

TI6はこれまでの活躍が認められて招待枠で参戦

初出場のTIで優勝を果たすことはできるのだろうか

 

メンバー

※使用Heroは僕の独断と偏見で最近よく使っているHeroです

選手名ポジション出身地使用Hero
N0tail Carry/Mid

デンマーク

Dragon Knight/Alchemist/Sven

Miracle- Mid/Carry

ヨルダン/ポーランド

Shadow Fiend/Invoker/Anti-Mage

Moon Solo Off

カナダ/マレーシア

Dark Seer/Battrider/Beastmaster

Cr1t- Support/Hard Support

デンマーク

Io/rubick/Earth Spirit

Fly Support/Hard Support

イスラエル

Phoenix/Lion/Dazzle

 

N0tail

ある意味でこのチームのキープレイヤー

N0tailの動きがいいとOGは余裕で勝てる

悪いと、「お願いMirakle-」になってしまう

前の名前は「BigDaddy」僕はこっちのほうがしっくりとくる

個人的にはCloud9時代のSupportの思い出があるので、最初は名前が違うのもあり同一人物だとは思わなかった

プレースタイルは良くも悪くも普通

たまに前に出すぎて見方がついてこれずに殺されることもある

OGは9kMiracle-ばかりが注目されるが、苦戦していたらおそらくこの人のせい

 

TIでの注目点

この人の調子次第で優勝も最下位もあり得る

中盤以降の稼ぎと終盤の集団戦での立ち位置に注目

 

Miracle-

説明不要の人類史上初の9k mmrプレイヤー

OG発足前からpub starとして有名だった

pick poolも広くいろいろなheroを使うことができる

今のMid metaはこの人だと思う(Timbersaw midやJuggernaut midとか)

個人的なイメージはアクションプレーが強い

InvokerやTimbersawなどをやっているときがよくわかる

レーニングの駆け引きや立ち回りなども素晴らしいの一言に尽きる

 

TIでの注目点

初のTI出場

おそらく緊張もあるだろうけれど、9kの立ち回りに注目

 

Moon

地味だけれど、集団戦で決め手となるプレーが多いのがMoon

Dark SeerやEarthshaker、Batriderなどのイニシエートが素晴らしい

Offとしては積極的に攻める方だと思う

そのおかげで序盤の他レーンの有利が作れている気がする

 

TIでの注目点

序盤にKillが発生するかどうか

中盤以降は集団戦での立ち位置とイニシエートが効果的かどうか

 

Cr1t-

謎のデンマーク

トップシーンにも出てはいなかったが、おそらくN0tailに誘われてだと思う

しかし腕は一級品

 主にroamやjunngleを担当Mid Supportなども行う

IoのRelocateでの集団戦参加やセービング、Earth Spiritのスキルコンボなどで集団戦で有利を作る

 

TIでの注目点

序盤のroamでkillが発生するか

集団戦での立ち位置

 

Fly

OGの司令塔

いわゆるブレイン

名勝負のpickは彼から生まれる

的確なpickbanで相手にプレッシャーを与えてチームを有利に導く

N0tailのpick poolの少なさをMiracle-のpick poolの広さでカバー

世界で数少ないLionを使うことができるSupport

また彼のPhoenixはban枠を一つ使わせることができるほどの得意heroである

守備的なSupportである

 

TIでの注目点

序盤のcoreのセービング

中盤以降の集団戦での的確なDesable

 

まとめ

おそらく今大会一番の優勝候補であるOG

9k mmrプレイヤーであるMiracle-に注目が集まりがちですが、個人的にはSupporet二人の立ち回りにも注目してもらいたい

 

次回はもう一つのヨーロッパからの招待チームである「Team Liquid」の紹介

魔王KuroKyの復活なるか

 

ほなまた